自分にとって必要か|安心なカーライフ|もしもの時のために自転車保険は加入しておこう

安心なカーライフ|もしもの時のために自転車保険は加入しておこう

ウーマン

自分にとって必要か

男女

社会保障制度を考えて選ぶ

癌に対する保険には大きく分けて2つのタイプがあり、1つは単体のタイプ。もう1つは医療保険に癌特約を付加するタイプになります。前者は癌の保障のみに特化した保険になりますので、他の病気などを広くカバーする医療保険よりも料金を安く抑えられます。その分、癌以外の病気やケガに対しては保障外になってしまいます。癌保険を選ぶ際には、セールスなどで相手の意見を鵜呑みにするのではなく、そもそも自分にとって必要なのかを考えることが大切です。癌は治療費が高額になりがちというイメージがありますが、健康保険の対象である治療の場合は3割負担であったり、高額療養費を利用できます。会社員の方の場合は傷病手当金の制度も利用できますので、まずはご自分の対象となる社会保障制度を理解した上で、保険を考えると良いでしょう。気になる保険があれば会社まで資料請求するのがおすすめです。

様々な種類

癌保険の保障内容には大きく4つの種類があり、診断給付金、手術給付金、入院給付金、通院給付金となります。この中で特に最近多く商品化されているのが診断給付金です。診断給付金は悪性新生物、もしくは商品によっては上皮内新生物でも給付金の対象になります。診断された時点で給付されるため、使い道は自由になります。癌保険はほかの保険に比べて比較的新しく、また癌の治療方法も日々進歩しているためユニークな商品が生まれています。例えば、放射線治療や抗がん剤など癌の治療をしてはじめて給付金が支払われるタイプがあります。限定的ではありますが、料金を安く抑えられるメリットがあります。今後も治療法が変われば保障内容も変わっていく可能性があります。また、どの保険を選んだらいいのか迷っている方は保険ショップのファイナンシャルプランナーに相談してみるのがおすすめです。